醸造発酵コース

jouzoアイコン
  • バイオテクノロジー学科 3年制
  • 醸造発酵コース

微生物の働きを学び、
醸造・発酵食品の技術者を
目指す。

Point 1 ワイン・日本酒・焼酎・ビール・リキュールの
5種が学べる醸造免許取得校
Point 2 酒・発酵食品を
製造・分析するカリキュラム

醸造アイコン5種醸造免許取得校だからできる実習中心の学び

  • 日本酒

  • ビール

  • ワイン

  • 焼酎

  • リキュール

東京バイオは関東の専門学校で唯一醸造免許を取得しています。実際の酒造りや醸造分析ができる実習室で日本酒・ビール・ワイン・リキュール・焼酎の醸造方法を学びます。

酒造りや醸造分析を行う
「醸造実習」

  • ワイン

    ワイン

    ワインは原料 単発酵酒 原料のぶどうをいかに配送するか、その設計がポイント。赤ワイン、白ワインの製造を、ぶどうの選定から仕込み、分析、精製までワイン醸造の流れを学びます。できたワインはビン詰めし、さらにティスティングで分析・評価します。

  • 日本酒

    日本酒

    日本酒作りは麹の「糖化」と酵母の「アルコール発酵」が同時に行なわれる並行複発酵です。日本酒作りの工程の1つひとつがしっかりと行なわれているか学生たちが確認をしながら、日本酒造りの工程を学びます。

  • ビール

    ビール

    ビール製造工程・種類・原料について学び、ビール醸造の基礎を実際に体験します。特に授業の中では、製造に重要な温度管理から最後は圧力を掛けながら瓶詰めまで行います。

  • リキュール
    一般的な製造方式やリキュールの定義を知り、原料の量を変えたりして、他のお酒との違いを学びます。
  • 焼酎
    芋焼酎と麦焼酎を仕込みます。班で作っている焼酎に愛情をそそぎ、最後に利き酒で自分達が作った味を確認します。

醸造アイコン発酵食品が学べる

微生物による発酵の仕組みを学ぶため、パンやチーズなど実際に作って学ぶ「発酵食品実習」

  • チーズ作り
  • バター・パン
  • みそ造り

醸造アイコン産学協同研究

3年間の学びの集大成として企業と協同開発!
学生が考えた商品が実際に商品化されたり、特許申請に繋がる可能性も・・・!

江戸(江戸城)ゆかりのある
清酒酵母・麹菌の探索・実用化

株式会社若松「東京港醸造」

卒業生2

産学連携先である株式会社若松(東京港醸造)は原材料は全て東京にゆかりのあるものを使用しています。この研究にあたり、清酒に用いる酵母や麹菌を東京都内で採取し、実用化を目的に研究を行いました。

企業担当者の声

産学協同研究を通じて、研究結果を社会で実用化する練習をしてもらえたらと思います。
皆さんが発見した酵母や麹菌を使った酒を商品化して、販売できるのを楽しみにしています。

産学協同研究について

醸造アイコン卒業生インタビュー

大好きな日本酒「八海山」。
毎日、心を込めて仕込んでいます!

八海醸造株式会社 第二浩和蔵もろみ係 Sさん

卒業生1

Profile

もともと伝統のお酒づくりに興味があった斎藤さん。 父親の影響を受けて知った地酒「八海山」は大好きな銘柄だそう。 現在は八海醸造株式会社にて、日本酒の前段階「もろみ」の発酵などを担当。

詳しくみる


伝統的な醤油づくりを通じて、
日本の食卓を支え続けたい。

窪田味噌醤油株式会社 Hさん

卒業生2

Profile

千葉県を代表する味噌・醤油メーカー窪田味噌醤油株式会社にて、醤油づくりを行う。 醤油のもととなる諸味から、製品を搾り取る作業が主な担当。不純物のない完璧な商品を送り出すことを使命としている。

詳しくみる


ビールは「いきもの」。
愛情をかけて美味しいビールを
造っています。

石川酒造株式会社

卒業生1

仕込みから、詰め作業・出荷まで、全ての工程を見届けることができる現職場。発酵は毎日測定を行わなければいけないのでお盆も正月もなく大変ですが、発酵が進みすぎてしまうとそのタンクの商品すべてがダメになってしまうので、欠かすことのできない大切な仕事です。
基本的には一日一回のチェックですが、種類によっては発酵が早く、こまめに見なければいけないものも。同じ規格のタンクであっても温度の当たり方や微妙な容量の違い、配置などで毎回発酵の速度は異なります。少しの匙加減で結果が変わってしまうところは難しくもありますが、とても面白くて魅力的です!

jouzoアイコン実験工程紹介

醸造実習

ワイン・日本酒・ビール・焼酎の醸造方法を学びます。ここではワイン醸造実習の工程を紹介しています。

  1. 実験道具1 step1

    これは赤ワインの原料となるカベルネという品種のブドウです

  2. 実験道具2 step2

    ブドウの果汁に酵母を加え、温度や糖度を厳重に管理・調整しながら発酵を進めていきます

  3. 実験道具3 step3

    発酵完了後、酸化防止剤を加え、規格基準に適したものであるか専門機器を使用し分析します

  4. 実験道具4 step4

    分析が終わったら専用のボトルに移し替えて完成です。
    できあがったワインはさらに熟成させていきます

 
その他の実験 醸造実習(日本酒) 醸造実習(ワイン) 醸造実習(ビール)
発酵食品実習 食品微生物実習 醸造分析実習

jouzoアイコン時間割

  • 授業は変更する場合があります。
1時限目
09:20~10:50
発酵食品学 発酵食品実習 就職対策講座 醸造実習 醸造分析実習
2時限目
11:00~12:30
醸造学 PCデータ処理と
プレゼンテーション
昼休み
12:30~13:20
3時限目
13:20~14:50
発酵科学 発酵食品実習 中級バイオ
対策講座
醸造実習 醸造分析実習
4時限目
15:20~16:30
醸造原料学 ワイン学講座

jouzoアイコン目指す職種

醸造技術職 醸造所や酒造などで、お酒造りや味噌、しょうゆ造りに直接携わります。
発酵食品技術職 企業内で、微生物や酵素を使った発酵工程をチェックし、コントロールします。
品質管理職 品質を一定に保つために各生産工程で分析検査をするなど、商品を品質面から維持・管理します。
醸造製造職 お酒の製造に携わる職。原料から仕込み、瓶詰めまでの工程を行う仕事です。

jouzoアイコン目指す資格

中級バイオ技術者認定試験 バイオの研究や仕事に従事するために必要な知識と技術を持っていることを認定する資格です。
毒物劇物取扱責任者 毒物や劇物を取り扱う際の責任者として認められる国家資格です。
酸素欠乏・硫化水素危険作業主任者技能講習 酸素欠乏・硫化水素中毒に陥る危険性のある場所の作業において、正しく指揮・監督を行うための資格です。
食品衛生責任者 食品の製造・加工・調理・販売などを衛生的に行うための資格です。
小規模ボイラー取扱作業者 小型ボイラーの操作の作業を取り扱う国家資格です。
知的財産管理技能検定3級 知的財産について初歩的な管理能力があると認める国家資格です。
特定化学物質及び四アルキル鉛等作業主任者 特定の化学物質を使用する際に汚染などで労働者に健康被害が出ないよう管理する国家資格です。
有機溶剤作業主任者 有機溶剤の取扱作業を行う場合の指揮・監督などを行う国家資格です。
危険物取扱者乙種4類 ガソリンなどの引火性や爆発性のある危険物を安全に管理する担当者になれる国家資格です。
コミュニケーションスキルアップ検定 コミュニケーション能力を個人の資質としてではなく、技術として捉える検定です。
エノログ(ワイン醸造技術管理士)資格 ヨーロッパにおいては薬剤師などと同様の国家資格として認められている資格です。詳細はこちら >>>

醸造アイコン在校生インタビュー

微生物の働きで、
食物や飲料が変化する。
その仕組みや面白さを学べる
コースです。

在校生3

Profile

東京都立農芸高等学校 卒業

高校で、味噌をはじめとする発酵食品について学ぶ授業がありました。そのときに、目に見えないほどの小さな微生物が、食品や飲料に大きな変化をもたらすことに面白さを感じ、もっと専門的に学びたいと考えるようになりました。リサーチした結果、醸造や発酵について専門的に学べる専門学校は他になかったので、迷わずに東京バイオに入学することにしました。

  • 在校生
  • 刻々と変化していく発酵の様子を実習で体験することができる。

    東京バイオはとにかく実習が多いので、楽しく学ぶことができています。特に面白かったのは、2年次の実習です。班にわかれて、ワイン、ビール、清酒、焼酎を実際に醸造していくのですが、たった十数時間で見た目や香りが変わっていくことを、体感できたのが良かったです。先生方も醸造や発酵について、科学的かつ分かりやすく解説してくださるので、知識もしっかり学べていると感じます。

  • 在校生
  • 実践的なスキルを習得できたから、どんな現場でも自信を持って活躍できると思います。

    一番興味を持っているのはビールで、卒業研究はオリジナルビールの醸造をテーマにしようと考えています。卒業後に関しては酒類だけでなく、味噌などの発酵食品関連の企業も視野にいれながら就職先を探しています。海外研修ではフランスでワインやチーズについて学ぶので、そのあとで本格的に進路を検討する予定です。東京バイオで身につけたスキルがあるから、どんな現場に進んでも自信を持って活躍することができると思います。


世界からも注目される日本酒。
優れた醸造技術と食文化を後世へ。

在校生1

Profile

県立 二宮高等学校 卒業
菌・ウイルスを題材とした漫画に影響を受けたことが醸造発酵の世界に興味を持ったきっかけ。発酵食品に関する分野で活躍するのが将来の夢。

先の震災で多くの酒蔵が被害にあいましたが、周囲の酒蔵の協力を得ながら再建の道を歩んでいることを知りました。 私は、先人の知恵の結晶でもある日本酒づくりの技術をしっかりと学び、何らかの形でその手助けができる職人になり、世界に誇れる日本酒を守りたいと考えています。


微生物のチカラと可能性を
ガーデニングの世界で活用するために。

在校生2

Profile

私立 長野女子高等学校 卒業
菌や微生物がもたらす土への影響を知るべく発酵醸造コースへ。学校で学んだ知識を活かし、ガーデニングの仕事をする両親のサポートも考えているとか。

菌の働きを学ぶことを目的に授業でビールと清酒と焼酎をつくります。 実習というよりもお料理をしている感覚に似ているかも(笑)。普段お店でしか買えないものを自分の手でつくることに不思議さと面白さを実感しています。 普通のお米が麹菌によってお酒に変わっていくのはまさに自然の奇跡です!

jouzoアイコン講師紹介

Profile 京都大学大学院修士課程卒業後、ビール会社に就職し、研究開発、製造管理、品質管理など幅広い業務に従事。農学博士。

発酵食品だけでなく、
広く食品業界で活躍を。

酒やビールの製造工程から酵母などの働きを発酵科学の基礎で学び、製造・品質管理技術者を目指します。この分野は、仮説の設定と実験での検証の繰り返しです。その結果、新発見にたどり着いたときは、大きな喜びがありますよ。

卒業研究担当 藤野 舜一先生

jouzoアイコン醸造発酵コースを動画で紹介

醸造発酵コースを動画で紹介

注目コンテンツ

  • 大学との比較
  • 産学共同研究

「なりたい」と思った瞬間が成長のチャンス!

業界屈指の現役プロから現場の知識と技術を直接学ぶことができるので、「ゼロ」から「プロ」になる為のステップアップにつながります。体験授業に参加して想像する力を創造する力に変えよう!