バイオ技術を駆使して
植物の仕組みから農業への応用まで学べる

  • 4年制

植物バイオコース

植物の遺伝子、細胞から栽培管理、
さらには植物の産業利用まで、
植物のすべてを学ぶ

植物バイオコース

  • バイオフェス
  • 体験授業

Guide:1

植物バイオコースの学び

学びのポイント

植物の遺伝子、細胞から栽培管理、
さらには植物の産業利用まで、
植物のすべてが学べるカリキュラム

  • 植物病理学実習

    植物の病害となるウイルスの検出・同定のために必要な技 術、RT-PCR、ELIS A法、ウエスタンブロット法などの検出方法を習得する。

  • 植物組織培養実習

    無菌操作による植物組織の培養、植物ホルモンの影響を学び、カルス誘導から再分化、順化の流れとその手法を学ぶ。

Whatʼs 植物バイオテクノロジー?

遺伝子組み換え技術や細胞培養技術などにより、新たな植物を創り出すことで、食料不足やエネルギー問題、温暖化などの地球環境問題への貢献も期待されています。病気に強く、収穫量が多い作物の開発や、植物の力を利用した環境浄化技術なども植物バイオテクノロジーの一つです。

メインカリキュラム
植物細胞工学 植物細胞への遺伝子導入方法や導入遺伝子の解析法などを学ぶ。
植物細胞工学実習 植物細胞のプロトプラスト化、細胞培養、細胞融合などの手法、遺伝子導入を習得する。
植物病理学実習 植物ウイルスの検出法(ELISA法など)を習得、複数のウイルス検出法を、ウイルス感染葉を用いて習得する。
植物組織培養実習 無菌播種、組織培養、カルス誘導と分化など、無菌的な植物組織の培養と取り扱いを習得する。
植物基礎実習 植物の形態観察、組織の観察で、植物の体制と各器官の働きを学ぶ。
植物分子細胞
生物学
植物における遺伝子発現、タンパク質の生産などの分子生物学を学ぶ。
植物生理学 植物の生理的な性質を学ぶ。

実験工程紹介

植物組織培養実習

植物の葉や茎などを無菌状態にして培養し、カルスを作り出して、植物体を再生します。

  1. 実験道具1 step1

    植物の葉をエタノールと亜塩素酸を用いて滅菌します

  2. 実験道具2 step2

    植物ホルモンなどが入った寒天培地を作成します

  3. 実験道具3 step3

    クリーンベンチ内において、葉を細かくし培地に静置します

  4. 実験道具4 step4

    寒天培地に葉を置床し、植物体の生育に適した環境にて培養します。
    時間をかけて細胞分裂を繰り返し、新たな植物体につながる細胞塊になる過程を経過観察し記録をとっていきます

 

その他の実験

植物組織培養実習/植物細胞工学実習/植物生理学実習/植物病理学実習/遺伝子工学実習/遺伝子解析実習

目指す職種

植物研究における実験技術者

植物細胞培養や遺伝子組み換えなどの技術を通して遺伝子研究に関わる。

働く場所
    • 国立研究機関
    • 大学および大学内研究施設
    • 遺伝子解析受託機関
    • 植物栽培管理施設
    • 農業関連施設
    • 農業関連企業 他

目指す資格

上級バイオ技術者
認定試験
バイオの研究や仕事に従事するために必要な知識と技術を持っていることを認定する資格です。
中級バイオ技術者
認定試験
バイオの研究や仕事に従事するために必要な知識と技術を持っていることを認定する資格です。
有機溶剤作業主任者 有機溶剤の取扱作業を行う場合の指揮・監督などを行う国家資格です。
毒物劇物取扱責任者 毒物や劇物を取り扱う際の責任者として認められる国家資格です。
特定化学物質及び
四アルキル鉛等
作業主任者
特定の化学物質を使用する際に汚染などで労働者に健康被害が出ないよう管理する国家資格です。
危険物取扱者乙種
第4類
ガソリンなどの引火性や爆発性のある危険物を安全に管理する担当者になれる国家資格です。
知的財産管理
技能検定3級
知的財産について初歩的な管理能力があると認める国家資格です。
コミュニケーション
スキルアップ検定
コミュニケーションスキルを個人の資質としてではなく、技術として捉え高める検定です。

時間割(例)

  • 時間割は例です。変更する場合があります。
1時限目
09:20~10:50
PCデータ処理と
プレゼンテーション
植物組織細胞
培養実習
植物生理学
実習
植物細胞
工学実習
植物分子
生物学
2時限目
11:00~12:30
中級バイオ
対策講座
遺伝子
解析法
昼休み
3時限目
13:20~14:50
応用遺伝子工学 植物組織細胞
培養実習
植物生理学
実習
植物細胞
工学実習
植物生理学
4時限目
15:00~16:30
植物細胞工学 科学英語

Guide:2

長期インターンシップ

東京バイオでは、大学や研究所など様々な機関と
連携し、最長1年6か月という「長期インターンシップ」を行っています。
最新の設備で、最先端の研究に関わり、さらなる技術を磨くことができます。

Guide:3

卒業生インタビュー

実験を仕事にした卒業生インタビュー!

日産化学株式会社 生物科学研究所

卒業生Sさん

「植物好き」として農家を助けたい。
最先端技術をもって挑む日々。

インタビューを読む

除草剤の開発では、実際にその雑草や作物に農薬等の処理を施して、植物がどのように変化するかを観察して記録・評価します。薬を処理するポットを準備するところから、薬の調整、撒き方にもスプレーや直接投下などバリエーションを持たせるなど地道な作業がとても多いです。また、春夏は必然的に外での作業が多くなるので、常に体力と気力勝負でもあります。こうした苦労のなかでも、新しい発見があるワクワク感と、農家の方から「田んぼがきれいになったよ」といった声を聞くことが喜びです。

就職実績

  • 農業と食品産業の発展のため幅広い分野で
    研究開発を行う機関

    国立研究開発法人
    農業・食品産業技術総合研究機構

    日本の農業・食料・環境に係る課題について研究開発から成果の社会還元までを一体的に推進する中核的な機関。農業を強い産業にするための科学技術イノベーションを創出するために、新しい社会「Society5.0」の農業・食品版として、スマート農業の創出やスマート育種システムの構築と民間活力活用による品種育成などの研究課題に取り組んでいます。

  • 海外園芸博覧会でも金賞受賞!

    京成バラ園芸株式会社

    京成バラ園(ローズガーデンとその付帯施設、1,500品種 10,000株)を経営する傍ら、バラの品種改良を行い、国際的なバラコンクールにおいて数々の受賞実績を持つ。切り花用のバラ苗の生産でも大手。

  • 日本初の化学肥料製造会社!

    日産化学株式会社

  • 再生医療用細胞等の治験薬製造から医薬品の
    量産製造まで行う企業

    Minaris Regenerative Medicine 株式会社

Guide:4

在校生インタビュー

新しい知識に触れる毎日。
卒業研究も楽しみです。

Profile Kさん

(植物バイオコース)

東京バイオの基礎学習では、短い期間でいくつも異なった分野を集中して学ぶことができます。新しい知識に毎日触れられて、高校で植物専攻だった僕でも刺激的で飽きることがありません。卒業研究は「食糧問題に貢献する穀物栽培法の改善」か「青いバラの改良」というテーマに取り組みたいと考えているのですが、どちらの研究でも、近い内容の研究を行った先輩がいるので安心して取り組めます。

Guide:5

大学院進学も可能

4年制コースは卒業時に
「高度専門士」の称号が付与され
大学院の受験資格が得られます!

その他の4年制コース

注目コンテンツ

  • 東京バイオの学びの特徴