【授業紹介】オリジナルの化粧品がつくれる!メイクアップ製品開発実習/学生ブログ

投稿日:

みなさんこんにちは!
化粧品開発コース2年のSです!

 

今回は、化粧品開発コースの
数ある授業の中から
メイクアップ製品開発実習
について書いていこうと思います!

 

 

そもそもメイクアップ製品開発実習って?

メイクアップ製品開発実習では、
メイクアップ製品に使用される
主要原料とその役割、製造方法、処方構成を学び、

 

実際にリップクリームに口紅、
アイシャドウ、ハイライト、チークカラー
ファンデーション、コンシーラー、
コントロールカラーなどを作っていきます。

 

この実習で毎回行なうのが、色素の調製です!

 

※この写真は口紅の色素を混ぜている様子です。

 

 

メイクアップ製品をつくる上で、
「色」はとても重要な要素の1つです!

色の種類としては、
・有機合成色素
・天然色素
などがあり、

その色素の調製では、微量で色の濃さが変わってしまうので、
慎重に慎重に色素を足していきます!!!!

 

使う原料や処方によっては、
色が濃くなってしまうので(実は油料原料は色に影響します)、
つくりたい化粧品の色を想像しながら、
明るい色素を選んだり、
量を調整する事が大切です!!

 

 

 

化粧品づくりの授業のテストについて

開発目的に応じた化粧品開発をするために、
実習を通してつくったことのある化粧品の色材の分類
肌に塗ったときの使用感隠蔽力(カバー力)
原料の配合量といった処方に関わることがテストにでます。

 

実際に、化粧品の原料となる粉体を触って、
名称を答えると言う問題もありますよ!(マイカ・タルクなど…)
あとは、座学の試験と似ていますね... (-_-)

 

 

 

 

ちなみにこの授業で
印象に残っている化粧品はリップクリームです!

使う油によって仕上がりが変わってくることもあり、
奥が深いんです!!

 

 

 

班で作りたい色、欲しい色を
楽しみながら作っているので、
教室の雰囲気も明るい授業です!!

 

 

 

 

バイオフェスや体験授業で、
化粧水や香水、ルームフレグランスを作ることができます!

気になった方は、参加してみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 

体調には気をつけて、過ごしてくださいね(*^_^*)

 

Sさんの過去のブログはこちらから!↓

実験ができる体験実習開催中

東京バイオでは、毎週末実験ができる体験実習を行っています。
また、週末忙しいい方のために平日説明会も開催中。
是非お越しください!