【無水エタノールも消毒液になる!】意外と簡単*手の消毒液の作り方

投稿日:

新型コロナウイルスの影響で
薬局やデパートから消毒液が手に入りづらい状況が続いています。

商品を買いたいけど、
自分がお店に行けるタイミングでは品切れになっている…
そもそも朝、お店に行って並べない…という方がほとんどではないでしょうか。


ドラッグストアで販売している身近なものでも、
希釈すれば手指に使えるアルコール消毒液になるものもあります!
今回はそのなかでも東京バイオにもある
無水エタノールを使った消毒液の作り方を紹介します


🔎無水エタノールで消毒液を作る方法

📌材料→無水エタノール・精製水(水)

※水には不純物が入っていて、「劣化」を早めてしまいます。 
 水で薄める場合は、長期保存はせず、早めに使い切ってください。

📌作り方

【100ml作る場合】
①無水エタノール80mlを容器に入れる。
②精製水(水)20mlを加える。
③ ①と②をよく混ぜる。
※無水エタノールと精製水(水)の割合は、おおよそ4:1の割合で調整してください。

※注意点
・無水エタノールは高濃度のアルコール液です。引火しやすいので、
 作業中や作成した消毒液は火のそばで置いたり、使用しないでください。
・保管する際はふたをしっかり閉めてください。
 

 ※気を付けるべき点は上記以外にもあります。
  使用する材料の注意事項も確認してください。

意外と簡単な手の消毒液の作り方、
ぜひ試してみてください😉✨

実験ができる体験実習開催中

東京バイオでは、毎週末実験ができる体験実習を行っています。
また、週末忙しいい方のために平日説明会も開催中。
是非お越しください!