コース: 動物コース

  • ケモカイン・ケモカイン受容体ネットワーク

    がん細胞からケモカインというタンパク質が大量に産生されることが知られている。ケモカインとケモカイン受容体はがんおよび炎症性疾患において重要な役割を担っており、ケモカイン受容体にケモカインが結合すると、がん細胞転移や、周りの免疫細胞の活性化な

    もっと見る
  • 細胞の品質管理~DMSO毒性の検証と融解操作の注意点~

    細胞を培養維持し続けることは、微生物汚染・細胞間のクロスコンタミネーション、継代等の手間、継代を繰り返すことによる細胞の品質の変化、等の問題が多い。その為、細胞を凍結保存することは必須であるが、凍結保存液に含まれるDMSOは細胞毒性がある。

    もっと見る
  • 抗毒性型アミロイドβを用いたワクチン療法

    アルツハイマー病(AD)は、進行性の老年性認知症の主要なものであり、神経変性と細胞死に伴う脳の委縮が認められる。AD患者脳にはアミロイドβペプチド(Aβ)の凝集物からなる老人斑と、過剰リン酸化タウタンパク質からなる神経原繊維変化の病理変化が

    もっと見る