産学共同研究「かずさDNA研究所・千葉農産」編

投稿日:

東京バイオでは、業界リアル体験プログラムの一環として産官学共同による卒業研究を実施しています。
このテーマは「千葉県産青パパイヤを利用した加工食品の開発」とし、千葉県にある【かずさDNA研究所】様と【千葉農産】様との連携を図っています。

青パパイヤをご存知ですか???
青パパイヤとは、成熟前のパパイヤのことで、東南アジアや沖縄では野菜に近い形で食べられています。千葉県では休耕地を再利用するために栽培に手がかからない作物として検討されています。東京バイオでは、高い栄養価の他、パパインという酵素機能に注目し加工食品の開発を行っています。

先日、かずさDNA研究所に学生たちが行き、研究の進捗状況のディスカッションを行いました。
まず、リーダーによる進捗状況の報告が行われました。

続けてディスカッションに移り、専門家を相手に戸惑うこともありましたが、しっかり対応することができました。

その後は、学生が研究・開発をした「青パパイヤを利用した加工食品」の試食会です。
詳細は研究結果が出てからのお楽しみですが、漬物や食肉を柔らかくするための下味用調味料、葉部の発酵茶などの試食を行いました。
今後の研究に活かすため、学生たちが積極的に専門家の方々の意見を伺いに行っていました。

今回、研究の進捗状況のディスカッションや試食会を通し、学生の成長を感じることができました。
卒業研究は学生自身の研究のため、準備から研究発表まで全て学生が主体となって進めます。緊張しながらも堂々と自分たちの研究成果を発表することができたこと、試食会の段取りを自分たちで考え、無事に終えることができたことで、職業人として、少しずつ社会に出る学生の皆さんの成長を感じました。

また、専門家の方々との交流により、学生たちは職業人としての考えや姿勢を感じることができたと思います。この経験がきっとさらなる成長につながるはずです!!

実験ができる体験実習開催中

東京バイオでは、毎週末実験ができる体験実習を行っています。
また、週末忙しいい方のために平日説明会も開催中。
是非お越しください!