体験実習(細胞融合)~準備編~

投稿日:

本日の体験実習では、チンゲン菜と紫キャベツの2つの植物細胞融合する実験をしました

実は植物細胞は、細胞壁に囲まれ更に細胞壁同士がつながっています。
このままの状態では細胞融合ができません。

そのため事前に細胞をばらばらにし、細胞壁を取り除いた状態の細胞を準備しておく必要があります。
この細胞が、植物分野では有名な、『プロトプラスト』という細胞壁を持たない細胞です。
今回はこのプロトプラストの作成について紹介したいと思います。

細胞壁の主成分はセルロースで、細胞壁のつながりに関係しているのがペクチンという物質です。
これらを分解する、酵素液を作成します。
(どんな実験でも使用する薬品を調整することから始まります)

酵素液の中身は…

セルラーゼ(セルロースを分解する酵素)

1
ペクチナーゼ(ぺクチンを分解する酵素)

2
マンニトール(酵素液を細胞内と同じ濃度に保つための糖)

  3  
です。

これらを電子天秤で量りとり

4

スターラーという機器で攪拌します。

5
最後にpHを調整し、完成です。

   
今回使用したチンゲン菜と紫キャベツ

6
メスでカットし、三角フラスコに入れ、酵素液と混合します。

7
ゆっくり浸透しながら酵素液と約2時間反応させると…。

8
見た目あまり変わりませんが、よ~く見ると細かい粉末のようなものが見えます。
更にろ過をし、細胞内と同じ濃度のマンニトール溶液で洗います。

9
これで融合する細胞『プロトプラスト』の準備完了です。

いかがですか?
細胞融合の準備もひとつの実験なんですね。

もしプロトプラストを見てみたい、細胞融合をしてみたいという方はもちろん、色々な実験をしてみたい方は、是非、東京バイオの体験授業に遊びに来てくださいね。

東京バイオの体験入学はこちらから

http://www.bio.ac.jp/opencampus/

実験ができる体験実習開催中

東京バイオでは、毎週末実験ができる体験実習を行っています。
また、週末忙しいい方のために平日説明会も開催中。
是非お越しください!