進路に悩んでいる方必見!
先輩たちの受験期インタビュー!!

  • 松本美須々ヶ丘高校出身

    松本美須々ヶ丘高校出身

  • 将来が見えなかった高3の夏。
    焦りながらも、じっくり考えることで進路を決めることができました。

    進路を決めたのは高校3年の夏。友達と比べて出遅れていることを気付いたんです。自分が何をしたいか分からない状態で、将来に不安を感じていました。そこからじっくり考えて、好きな生物と化学を軸に検討することに。それで「医療関係に研究などで携わりたい!」という気持ちを明確にすることができました。

    実験器具の使い方がわからない…。
    オープンキャンパスに参加して、そんな不安もなくなりまた。

    普通科出身なので実験器具の使い方などがわからないし、自分だけ置いていかれるかも…という不安もありました。でも、オープンキャンパスに参加して、大丈夫だと思えるようになりました。


  • 那須拓陽高等学校出身

  • 社会人としての「強み」がほしい。
    そんな気持ちがだんだん大きくなって進学することを決意しました。

    高校3年生の前半では、就職をめざして面接の練習をしていました。でも、そのなかで、「社会人として働くためには、もっと自分自身を磨かないといけない」と痛感し、就職から進学へのシフトチェンジを決意。当時から憧れていたバイオ分野の仕事について専門的に学べる学校を探し始めました。

    大学生活や学歴への憧れもありました。
    でも、何より大切なのは「実践力」だと気付きました。

    先生からは大学への推薦の話も持ちかけられました。学歴やキャンパスライフへの憧れもありましたが、それでも専門学校に決めたのは仕事をしていく「実践力」が身につけられるから。いまの学校生活にはとても満足しています。


  • 東京都立農芸高等学校出身

  • 「醸造」か、「演劇」か。悩みぬいた結果、将来性を考えて決断しました。

    高校2年の時、実習でワインを作った際に「醸造」の面白さを知りました。進路を決める際は、部活で好きになった演劇の道にもとても魅力を感じていました。いろいろ悩んだ結果、仕事として安定している醸造の道に進むことに。両親や先生も賛成して、応援してくれたことはとても励みになりましたね。

    学校選びの決め手となったのは、めざせる資格と職種でした。

    学校選びはリサーチすることからはじめました。スマホで検索するといろんな学校が出てきましたが、私は「めざせる資格」と「職種」を基準に選ぶことに。専門的な授業内容が多くあるかもチェックしながら決めていきました。

不安なこと、わからないことは
学生スタッフに聞いてみよう!

東京バイオのオープンキャンパスでは、在校生スタッフがイベントのサポートをしています。
オープンキャンパスは、リアルな学生の声が聞けるチャンス!
先輩になんでも聞いて、入学の不安を解消しよう!