奨学金制度

奨学金は、学生本人が就学費用のために在学期間中、毎年定額で貸与を受け、卒業後に学生本人が返還していくものです。

申込者 学生本人申込み
申込み時期 ●入学前(予約採用)
  • 詳しくは各高等学校又は、日本学生支援機構のホームページでご確認ください。
●入学後5月(在学採用)
貸与方法 月ごとの貸与→生活費や次年度学費の貯蓄に有効

公的奨学金

奨学金は、学生本人が月々決められた金額の貸与を受けるもので、生活費や次年度の学費の貯蓄などに充てることができる学費支援制度です。
なお、奨学金は採用人数や所得の上限等により限りがあります。

日本学生支援機構

種類 第1種 第2種
対象 高校2~3年の成績が3.2以上で、経済的な理由により修学が困難な者 勉学意欲があり、経済的な理由により修学が困難な者
入学年度により学力基準は異なります。
募集時期
  • 入学前(予約採用)
    ※詳しくは在籍高等学校又は、日本学生支援機構のホームページでご確認ください。
  • 入学後5月(在学採用)
手続方法 入学後、奨学金説明会開催時に詳細を説明します。
内容 種類 貸 与 貸 与
金額 自宅通学:月額2万円、3万円、4万円、5万3千円から選択。
自宅外:月額2万円、3万円、4万円、5万円、6万円から選択。
2万円、3万円、4万円、5万円、6万円、7万円、8万円、9万円、10万円、11万円、12万円から希望月額を選択
利息 無利子 有利子(上限3%で変動)
返還方法 11~15年(返還期間は貸与学年数による)で月賦または半月賦併用 9~20年(返還期間は貸与総額による)で月賦または半月賦併用

奨学金を詳しく見る

奨学金予約採用サポートシステム

奨学金予約申込みは、高等学校を通じて手続きが必要です

この制度は、日本学生支援機構予約採用奨学金を利用し、月々貸与される奨学金で学費を分割するプランです。
毎月、ご本人の指定口座へ振り込まれる日本学生支援機構奨学金を利用して学費を納入します。

  • 申込対象者:高等学校を通じて日本学生支援機構に予約採用の申込みをした方
    (大学等に進学経験のない方で高校卒業後2年以内であれば在籍していた高等学校で申込み可能です)

申込みから返還までの流れ

高校在学中に申込み
(高校3年生の春)
※高校によって異なる
高等学校で進学のための奨学金予約採用の申込みがあります。
在学している高校での申込みとなり、高校によって提出時期、提出書類が異なりますので早めに高等学校にて、奨学金担当の先生に確認をしてください。
奨学金予約採用サポートシステムの申込み 出願時に「入学願書」の該当欄に○を記入してください。
入試の合格発表 入学選考に合格された方は10日以内に入学金のみを入金してください。
入学手続きⅠにて「奨学金予約採用サポートシステム」についての案内を同封します。
日本学生支援機構より結果通知

日本学生支援機構より予約採用申込の結果通知がありましたら、下記の手続きを行ってください。

《採用の場合》採用候補者決定通知の「進学先提出用」を本校へ提出してください。「本人控え」は入学後(4月)に必要となりますので大切に保管してください。
《不採用の場合》入学事務局までご相談ください。制度の説明を含めた学費面談を保護者を含め再度実施します。
学費面談
  • 2~3月で面接日程の連絡をいたします。
  • 制度の説明を含めた学費面談(分納申請書の手続き・説明)を実施します。
入学
  • 入学後、日本学生支援機構へ進学報告をすることにより貸与が開始されます。
    毎月本人の口座に振り込まれる奨学金を、銀行の自動引落制度にて納入していただきます。
卒業
  • 卒業後、半年経過してから日本学生支援機構への返還が始まります。
  • 本システムの適用は授業料、実習費、施設設備費です。入学金、諸費用につきましては指定期日までに一括納入となります。
  • 予約採用の申込が不採用の場合、指定期日までに一括納入となります。

夢への挑戦をあきらめない!
想う気持ちが未来への可能性だ

学費が理由で夢を諦めることにならないように、東京バイオ独自の学費サポートを用意しています。

バイオ分野を学びたい強い気持ちがある学生の方を応援!体験授業では個別相談会をおこなっているので、まずはご相談下さい。