水流の変化を利用した呑川の水質改善

研究先 科学コース1 班

目的

人工の呑川下流域は上流からの流れが緩やかで、汽水であるため潮の干満が発生する特殊な河川である。過去の卒業研究では、浄化剤による水質向上、及びビオトープを利用した水質改善の研究を対象とした。文献調査の結果、『河川は流水などの攪乱を受けることによって、生態系の構造に変動を与える』との報告があることが判明した。そこで今年度は『水流の変化による水質改善』に着目し、研究を進めることにした。

方法

呑川の100 分の1 縮尺模型を作製した。模型の底部にパテで作製した種々の地形を置き、水流を発生させた際のDO 値の測定により水質改善の効果を判定した。また、昨年度に続き北糀谷小学校のビオトープの整備を実施後、ビオトープ内での水流による水質改善も試みた。

結果

作製した水流模型に水道水を入れシミュレーションに適するかの確認を行った。複数の地形のうち最も効果的であったスロープ型を基本とし、障害物の組み合わせを変え、水質改善により効果的な地形を模索した。昨年からの引継ぎである北糀谷小学校のビオトープの整備を行うとともに、二分されている小学校ビオトープの一方の池干しを行った。その後、他方のビオトープから水を引き込むことによって水流変化を発生させ、DO 値の測定結果から水質改善の効果を検証した。以上の実験から底部における水流撹乱が十分な場合、DO 値は上昇することが確認された。

実験ができる体験実習開催中

東京バイオでは、毎週末実験ができる体験実習を行っています。
また、週末忙しいい方のために平日説明会も開催中。
是非お越しください!