微生物を用いた水質浄化の研究

研究先 分析化学コース2班

目的

過去三年間、科学班では水質浄化及び生物環境の改善を目的に生物学的、物理的及び化学的な実験をしてきた。今回は生物学的アプローチの中でまだ検討されていない微生物に着目し、既に浄化作用が確認されている納豆菌に加え、乳酸菌、酵母菌、光合成菌などの有用微生物群を用いての水質浄化の実験を行った。

方法

微生物による浄化作用を確認するため、納豆菌、乳酸菌、酵母菌、光合成菌の単体及び 2種、 3種、4種を組み合わせた混合菌を検水に投入した。DO値、COD、pH、塩度を測定した結果をふまえ、菌単体による効果及びそれらを組み合わせた混合菌の相乗効果が確認できるかを研究対象とした。

結果

菌単体及び混合菌を検水に投入した結果、納豆菌を含む 2種類の組み合わせで DO値の変化が確認された。この結果をふまえ、菌同士の相乗効果があるかを寒天培地を用いたコロニー確認実験、液体培地を用いた吸光度測定実験からのアプローチを試みた。その結果、2種類の菌の組み合わせで相乗効果が大きく認められることが判明した。

実験ができる体験実習開催中

東京バイオでは、毎週末実験ができる体験実習を行っています。
また、週末忙しいい方のために平日説明会も開催中。
是非お越しください!