チアシードを用いた機能性パンの開発

研究先 食品開発コース6班

目的

年々健康への関心は高まりを見せている。その中で普段不足しがちになっている栄養素である「食物繊維」に着目した。本研究ではスーパーフードの中から前述栄養素を多く含み安価で入手が容易な「ブラックチアシード」を用いることとした。スーパーフードとは、サプリや薬などの人工的に合成されたものではなく、人間の体内で作り出せない「必須栄養素」を程よく含む自然の食べ物である。また手軽に摂取できるよう、食品の中からパンを選択し、開発することを目的とした。

方法

ブラックチアシードの添加量の検討と共に、その他材料に関しても最適な配合率の決定をした。更に本パンを利用した調理パンの考案も行った。また開発したパン生地の成分の分析として、食物繊維はヘンネベルグ・ストーマン法、脂質の定量はクロロホルムメタノール抽出法を行った。

結果

パンの配合とチアシードの量を検討した結果、チアシードを含まないパンと比較して、パン一個 100gで約 3.5gの食物繊維が得られた。生地以外にも調理パンとしての検討を行い、味・見た目・食べやすさなどの項目について研究し調理パンを完成させた。

実験ができる体験実習開催中

東京バイオでは、毎週末実験ができる体験実習を行っています。
また、週末忙しいい方のために平日説明会も開催中。
是非お越しください!