メトホルミンが肥満 2型糖尿病モデルマウスに与える影響

研究先 国立国際医療研究センター 分子糖尿病医学研究部

目的

2型糖尿病は、インスリン分泌の低下および各組織におけるインスリン抵抗性が要因となって引き起こされる疾患である。本研究では、肥満 2型糖尿病モデルマウスを作製して、メトホルミンを投与し、メトホルミンの具体的な薬効について確認することを目的とした。

方法

7週齢の C57BL/6マウスに高脂肪食(HFD32)を 14週間負荷し、肥満 2型糖尿病モデルとした。次に、マウスを、メトホルミン投与群にメトホルミンを 300mg/kg/dayで 12日間経口投与を行った。その間体重測定および 1日 3回の血糖値の計測を尾静脈から行うことで、体重と血糖値の日内変動の変化を観察した。また、 ITT(インスリン負荷試験 )・GTT(グルコース負荷試験 )・ELISAキットを用いた血中インスリン濃度の測定を行い、メトホルミン投与によるインスリン分泌やインスリン抵抗性の変化について検討した。投与最終日に解剖して肝臓を採取し、ホルチ法によって肝臓中脂質量を確認した。

結果

高脂肪食負荷によって、マウスはグルコース代謝異常を形成した。この肥満 2型糖尿病モデルマウスにおいて、メトホルミンは、耐糖能異常をほぼ正常な状態に改善することが分かった。そのメカニズムは、インスリン分泌の増加によるものではなく、インスリン抵抗性の改善による効果である可能性が示唆された。また、メトホルミンは肝臓中の脂質量を下げ、脂肪肝を改善する働きがあることが確認された。

実験ができる体験実習開催中

東京バイオでは、毎週末実験ができる体験実習を行っています。
また、週末忙しいい方のために平日説明会も開催中。
是非お越しください!