リコンビナント抗体の作製法の確立

研究先 東京理科大学 生命医科学研究所 分子病態部門 久保研究室

目的

特定のエピトープを認識する抗体の作製は、ハイブリドーマ技術により飛躍的に進歩した。しかしこの技術には、特定の薬剤耐性を持ったミエローマ細胞の存在が不可欠であり、技術的にマウス・ラットなどの動物種に限局されたものとなっている。また、現行存在するようなハイブリドーマでも、アイソタイプのクラスによりその利用範囲が制限されてしまう。これら問題を克服するため、我々がこれまで樹立してきた IgMクラスのハイブリドーマを、リコンビナント技術を用いて IgGクラスの抗体へと組み換えるカセットを構築する試みを行った。そこで、当研究所が樹立した E4BP4抗原を特異的に認識する IgM抗体をベースに IgG抗体へ切り替えることを目的とした。

方法

本研究計画では、E4BP4抗体産生ハイブリドーマより Total RNAを抽出し、cDNAを調整した後、C領域に相当する primerを用いて超可変(V)領域を含んだ領域の sequence を明らかにする目的で、次世代シークエンサーを用いて解析した。L鎖 H鎖、それぞれの sequenceをベクターにインサートするために制限酵素サイトを含むprimerを作成しPCRをかけ泳動にてバンドの確認をした。

結果

L鎖 H鎖、それぞれの sequenceが得られ、制限酵素サイトを含む Primerを用いて PCR産物が得られた。

実験ができる体験実習開催中

東京バイオでは、毎週末実験ができる体験実習を行っています。
また、週末忙しいい方のために平日説明会も開催中。
是非お越しください!