リンスカプセル inシャンプーの開発

研究先 化粧品開発コース 1班

目的

最近の化粧品市場には、スキンケア製品、メイクアップ製品共に時間短縮を目的とした製品が増えてきている。その中で私たちは、ヘアケア製品の時間短縮を考え、リンスインシャンプーに目をつけた。市場にあるリンスインシャンプーは効果が十分でなく、形状がほぼ同じであるものが多い。そこで、私たちは形状を変え、新規性があるカプセル入りリンスインシャンプーを開発することにした。

方法

シャンプーの形状はジェル状にし、リンス成分はカプセルにし作製を行った。シャンプーは洗浄・起泡力、粘度、感触を検討し、ジェル化させた。粘度は市販のジェルシャンプーに近づける事を目標とした。リンスカプセルは寒天とシリコーンを組み合わせ、シャーレに流し込みストローでくり抜き作製した。また、カプセルの硬度と大きさも検討した。そしてシャンプーに香り付けをし、カプセルと組み合わせ処方の再検討を行った。その後、リンスカプセルインシャンプーの評価をした。

結果

シャンプーは天然増粘剤を加えることでジェル化できた。粘度については、市販のジェルシャンプー以上の粘度を達成することができた。リンスカプセルについては寒天とシリコーンを組み合わせ 9種類作製することができた。その中で潰したときの感触と手に寒天が残らないカプセルを使用することに決定した。そして、リンスカプセルとジェルシャンプーを組み合わせ、さらに処方改良をした。香りはシャンプーにのみ加えた。容器は 1回分の使用量でカプセルが潰れず均一になるようにパウチに入れることにした。また中身が見えるように透明なパウチを採用した。評価したところ、洗い上がりは市販品のリンスインシャンプーと比較して良い結果が得られた。よって目指していたリンスカプセルインシャンプーを完成させることができた。

実験ができる体験実習開催中

東京バイオでは、毎週末実験ができる体験実習を行っています。
また、週末忙しいい方のために平日説明会も開催中。
是非お越しください!