マグネシウム欠乏による嗜好性の変化

研究先 東京大学 農学生命科学研究科 応用生命化学専攻 日清食品寄付講座「味覚サイエンス」

目的

マグネシウム(以下Mg)は動物を構成する元素の内 10番目に多く存在する必須元素である。Mgは生体内でエネルギー代謝、特に高エネルギーリン酸化合物(ATP、ADP等)の合成・分解時に関与することが知られている。Mgが欠乏した場合貧血、不整脈、筋肉のけいれん、疲れなどの症状が知られている。食事制限などで Mgが欠乏した場合、動物はこの状態を体内感覚として察知し Mgを摂食する行動をとると考えられる。この変化が嗜好性にどの程度関わるか調べることを本研究の目的とした。

方法

Sprague-Dawley系雄性ラット 14匹を 1週間の予備飼育の後、欠乏食及び通常食で 2群に分け2週間飼育した。食事制限、飲水制限は行わなかった。試験前日に 23時間の絶水を行った後、塩味(食塩)、甘味(ショ糖)、苦味(デナトニウム)、酸味(クエン酸)をそれぞれ 4段階の濃度で与え嗜好試験を行った。通常食と Mg欠乏食を摂取したラットによる嗜好率をそれぞれ測定し、2群間の嗜好の違いを調べた。また試験が終了したラットから血清を採取し、Mgが欠乏していることを確認した。

結果

欠乏食群のラットは通常食群のラットに比べ、毛並みが悪く出血しやすい傾向が見られた。症状は、早い個体では 1週間で発現したが、遅い個体では 2週間後でも通常食群と差が見られなかった。嗜好試験に関しては、個体間差が大きいため集計作業に加えて群間検定を行った。

実験ができる体験実習開催中

東京バイオでは、毎週末実験ができる体験実習を行っています。
また、週末忙しいい方のために平日説明会も開催中。
是非お越しください!