東邦大学医学部

東邦大学医学部

  • 実験動物としてのマイクロミニピッグの有用性

    科学技術は大きな発展を遂げてきたが、現在においても動物実験は生体の生命活動を解明し理解するための必要不可欠な手段である。 新薬の開発は、病気の治療効果や患者に対する安全性の確認をするためヒトと類似した生理的反応を有する動物種を活用した実験

    もっと見る