東京理科大学

  • リコンビナント抗体の作製法の確立

    特定のエピトープを認識する抗体の作製は、ハイブリドーマ技術により飛躍的に進歩した。しかしこの技術には、特定の薬剤耐性を持ったミエローマ細胞の存在が不可欠であり、技術的にマウス・ラットなどの動物種に限局されたものとなっている。また、現行存在す

    もっと見る