東京歯科大学

東京歯科大学

  • 圧縮加重に対するヒトセメント芽細胞の反応

    歯根表面にはセメント芽細胞により作られるセメント質という硬組織が存在する。咬合力の強い患者では歯根肥大を伴うことがあるが、これは加重がセメント芽細胞の硬組織形成能に影響を及ぼした結果と考えられる。しかしながら加重に対するセメント芽細胞の反応

    もっと見る