東京大学医学部大学院医学研究科

東京大学医学部大学院医学研究科

  • ケモカイン・ケモカイン受容体ネットワーク

    がん細胞からケモカインというタンパク質が大量に産生されることが知られている。 ケモカインとケモカイン受容体はがんおよび炎症性疾患において重要な役割を担っており、ケモカイン受容体にケモカインが結合すると、がん細胞転移や、周りの免疫細胞の活性化

    もっと見る