国立研究開発法人国立成育医療研究センター

国立研究開発法人国立成育医療研究センター

  • 川崎病に対する IVIG作用機序の解明

    川崎病は乳児や思春期までの子供たちに見られる血管炎の病気であり、時折、冠動脈留( CALs)につながるケースがある。IVIG(Intravenous immunoglobulin)は、CALsの炎症の治療法に効果的であるが、なぜ IVIGが

    もっと見る